動画配信システムとは?教育と情報共有を変えるツール選び

動画配信システムとは

動画配信システムは、組織や企業が社内外に向けて動画コンテンツを配信・管理するためのシステムサービスです。
動画の保存や配信、ユーザーの視聴状況の分析、特定グループ向けの動画配信設定などができ、情報共有や教育、プロモーションなど様々な場面で活用されています。
文字よりも動画によって、短い時間で効果的に情報を伝えられるため、多くの企業が導入しています。

動画配信システムの利用目的

動画配信システムは、企業内外のコミュニケーションや情報共有において、効率的な手段として活用されています。主な利用目的は以下の3つです。

  • 社内の広報や情報共有
  • 研修・マニュアルの共有
  • 社外でのセミナー・動画コンテンツの販売

1つずつ解説していきます。

社内の広報や情報共有

動画配信システムは、広報や総務から全社員への重要なメッセージや方針、社内ニュースなどを伝えるために利用されます。
文字だけでは伝わりにくい内容も、動画で視覚的に伝えることで、リモートワークや多拠点勤務の従業員にもわかりやすく共有できます。
全社員に一斉に配信することで、迅速な情報共有が可能です。

研修・マニュアルの共有

研修やトレーニング、マニュアル動画の配信により、新入社員や部署異動者への教育が効率化されます。
事前に作成した動画を何度でも視聴できるため、理解が深まりやすく、忙しい社員の学習ニーズに対応できます。また、視聴状況の分析もできるため、研修効果の測定やコンテンツの改善にも役立ちます。

社外でのセミナー・動画コンテンツの販売

オンラインセミナーのライブ配信や録画動画の販売も、動画配信システムの活用例の一つです。
製品の使い方や専門的な知識を提供することで、新しい顧客層にアプローチしたり、既存顧客へのサービス向上が図れます。セミナーやコンテンツをオンデマンドで提供することで、顧客の利用時間に合わせた柔軟な情報提供が可能です。

動画配信システムを導入するメリット

動画配信システムを導入するメリットは利用目的によって様々考えられます。

効率的な社内の情報共有

動画は視覚的で分かりやすく、経営陣から全社員へのメッセージや重要な方針を効果的に伝えられます。
従業員がどこにいても最新の情報にアクセスできるため、社内全体で統一したメッセージの共有が可能です。これにより、リモートワークや支店がある企業でもスムーズなコミュニケーションが取れるようになります。

研修・教育トレーニング

研修や教育トレーニングを動画で配信することで、新入社員や部署異動者の早期戦力化が図れます。
事前に作成した研修動画を何度でも視聴できるため、学習ニーズに合わせてトレーニングが可能です。
視聴状況の分析もできるため、社員の成長を効果的にサポートできます。

営業・プロモーションの強化

新しい商品やサービスを紹介する動画を社内全体で共有することで、営業部門だけでなく全社員がその内容をしっかり理解できます。
これにより、企業全体の営業・プロモーションができ、顧客への効果的なアプローチが可能です。

教育の時間や費用コストの削減

社内会議や研修のために全社員を一箇所に集める必要がなくなり、旅費や会場費が削減されます。
同じ研修動画を繰り返し利用できるため、教育にかかる費用と時間を削減しつつ、リソースを他の業務に振り分けられます。

誰がどのように観たかをチェック可能

視聴データの分析により、誰がどの動画をどの程度視聴したかをチェックし、社員の理解度を確認できます。
これにより、各部署や個人のトレーニング成果を把握し、必要なサポートやコンテンツの改善に活用できます。

失敗しない!動画配信システムの選び方

動画配信システムを選ぶ際に抑えるべきポイントをご紹介します。
自社にとって適切なシステムを導入することで、企業の業務効率や情報共有の質を大幅に向上させることができます。

利用目的を明確にする

まず、動画配信システムの利用目的をはっきりさせることが重要です。
社内の情報共有やトレーニング、社外向けのセミナーやプロモーションなど、用途に応じた機能を持つシステムを選ぶことで、最適な運用が可能になります。
しかし、まだ動画配信システムを導入したことがない場合は、幅広い機能がある動画配信システムを選びましょう。
動画は情報共有はもちろんのこと、社内外の多くの場面で活躍することができるからです。

初めて導入した際には、使う目的を限定せずに使用しながら試行錯誤を行うことをおすすめします。

操作しやすさ

システムは誰でも使いやすいことが理想です。
使いづらいツールだと、効率的に研修やマニュアル動画を配信する手間が増えてしまいます。
そのため、動画配信システムでは、管理者が簡単に動画のアップロードや配信設定を行え、視聴者も直感的に動画を探して視聴できる操作性が求められます。

使いやすさは実際に使用してみないと分かりませんので、導入前に無料で確認できるサービスを利用するようにしましょう。

データ保存容量と同時視聴数の上限

動画配信システムのデータ保存容量や同時視聴数の上限は、企業の規模や利用頻度に合わせて十分なものを選びましょう。
高画質で多くの動画を配信するとすぐにデータ上限いっぱいになってしまいます。
できるだけ保存容量の大きなサービスを選ぶのがおすすめです。

外部システムと連携

他のシステムと連携できるかも確認しましょう。
社員の出勤管理や顧客情報管理のシステムと連携できれば、社員の視聴状況を簡単に集計できます。
また、SNSやメールサービスとつながると、プロモーションにも活用することができるので目的によってどれくらいの外部システムと連携できるのかをチェックしてください。

セキュリティ

社内外の情報を配信する場合、セキュリティも不可欠です。
アクセス権限の管理や動画の暗号化、データバックアップの有無を確認し、重要な情報が漏れないような対策が取られているシステムを選びましょう。

おすすめの動画配信システム

そこで、法人向けの動画配信システムとして、「シェアエイム」は企業内での情報共有やトレーニング、プロモーションなどのあらゆる目的で対応可能な動画配信サービスです。
従業員数100名程度の中小企業でも導入しやすく、各部門のニーズに合わせて柔軟に利用できます。

シェアエイムの優れた12の機能

主な機能として以下の12個を紹介します。

  • 効果的に配信!視聴グループの設定
  • 動画配信の期限設定可能
  • ユーザー毎の動画視聴達成率がわかる
  • 資料の添付・連携も可能
  • 動画毎にアンケート作成可能
  • 視聴ページのカスタマイズ可能
  • アクセスをIPアドレスで制限
  • ユーザー毎にID・パスワードの設定可能
  • ストリーミング配信ができる
  • 視聴ユーザーをCSV一括登録
  • カテゴリ別に登録・管理ができる
  • トピックス・ニュース別の登録・編集可能

多彩な機能が備わっているため、動画を使った効率的な情報共有や視聴状況の確認・分析が可能です。
管理のしやすさやセキュリティの面でも高い評価を得ているため、これから動画配信システムを導入する企業におすすめです。

シェアエイムの特徴

「シェアエイム」は、使いやすさが特徴の一つです。専門知識がなくても、シンプルな管理画面で直感的に操作でき、動画コンテンツを簡単に作れると評判です。さらに、視聴グループの設定や視聴状況の分析、セキュリティ対策にも優れており、100人以上の企業でも効率的な情報共有ができます。
また、各動画にアンケートを設定することで視聴者の意見を集め、戦略の改善や効果的な動画作成・分析にも役立ちます。

料金プラン

「シェアエイム」は、シンプルな料金プランで利用できます。

  • 月額費用:50,000円
  • 初期費用:50,000円
  • 動画+データ領域:50GB
  • 視聴者ID:100人
  • 月間転送量:0円

30日間フル機能(50GB/100ID)を無料でお試しいただけるため、まずはトライアルで社内の情報共有のしやすさ・研修などの教育、営業のマニュアル等の効果を実感してみてください。

無料で動画配信システムを使ってみよう!

動画配信システムは、企業内外での情報共有や効率的な教育、効果的な営業を可能にする便利なツールです。
導入目的やメリットをしっかり理解し、適切なシステムを選ぶことで、社内の情報共有の質を大幅に向上させることができます。
セキュリティや操作性、データ容量、外部システムとの連携など、必要な条件に合った動画配信システムを導入すれば、組織全体の情報共有がスムーズになり、従業員の理解度や顧客満足度も高められます。

そこで「シェアエイム」は、これらの目的やメリットを最大限に活かし、効率的な情報共有と研修、営業活動をサポートすることができる動画配信システムです。
柔軟な視聴グループの設定や視聴データの分析機能を使って、社内外での情報共有やトレーニングをより効果的に進められます。クローズドな環境で動画管理ができるため、セキュリティの面でも安心です。

今なら「シェアエイム」のフル機能(50GB/100ID)を30日間無料で試せます。
この期間に、社内の情報共有や研修などにどれほど効果的なシステムであるかをぜひ体験してくださいね。

Visited 34 times, 1 visit(s) today

モニターキャンペーン

30日間フル機能(50GB/100ID)を無料でお試しいただけます。

無料お試しはこちら
一覧に戻る